CO・OP学生総合共済

大学生協の保障制度で
大学生活の24時間・365日を応援します!

共済とは? (保険とは違うの?)

学生総合共済は、学生本人のケガや病気にそなえる「学生どうしのたすけあい制度」です。

共済とは「共にたすけあう・支え合う」という意味です。
学生総合共済は生協の理念に基づき、組合員どうしのたすけあいのために自ら作った保障制度です。
困ったときにお見舞い(共済金)をおくることを目的として1981年にはじまりました。
現在では全国で211大学生協・約68.0万人の学生組合員がたすけあう、安心の保障制度です。


「大学生」には「大学生協の共済・保険」がおすすめです

学資保険やこども向け共済・保険の次は、大学生活のリスクにそなえた「大学生協の共済・保険」へのご加入がおすすめです。

※学生総合共済は他の保険・共済から保険金・共済金が支払われた場合でも共済金の支払いを減額することはありません。
  • 「学生どうしのたすけあい」だから「お手頃な掛金で充実した保障」(1ヵ月あたり1,200円、1日あたり約40円)
  • 学生生活にあった保障内容、24時間365日、国内・海外を問わず保障。扶養者のもしもの時でも学業継続をバックアップ
  • 学内で共済についての相談や共済金請求手続きができる

  • 入院保障は1日目から360日分 日額10,000円
  • ケガでの通院は1日目から90日分(固定具保障を含む) 日額2,000円
  • 手術は日帰りも含め、1回の手術につき 5万円
  • 精神疾患の診療を受けたとき こころの早期対応保障 10,000円 共済期間(1年)につき1回
  • 扶養者がもしものときも扶養者事故死亡・扶養者事故重度障害500万円
  • 持病がある方も申込いただけます
    ※発効日の前日以前に発病していた病気を原因とし、発効日から1年以内の事由については、お支払いできません。

学業継続をささえるCO・OP学生総合共済

「もしも」のときに学業継続をささえます
加入者のケガ・病気や父母・扶養者のもしもの際に、全国の加入者の掛金から共済金を支払うことによって、加入者の経済的な損失を補い、生活の安定をはかり、学業継続を少しでもささえることを目的としています。
また、共済とあわせて加入できる保険で大学生活の様々なリスクに備えられるようにしています。

学生総合共済の給付事例(全国事例)
  • アルバイト中に急に腹痛が起こり、病院で急性虫垂炎と診断された 入院9日手術1回 140,000円
  • 家に帰った時発熱とのどの痛みを感じ、数日後血液検査をしたら、伝染性単核球症で緊急入院した 入院7日手術1回 120,000円
  • 大学の健康診断で肺気胸が発見された 入院2日 20,000円
  • 就職活動で疲労がたまっていたところ、友人と酒を飲んだら意識を失ってしまい、急性アルコール中毒で入院した 入院4日 40,000円
  • 昼食後に急に動悸が激しくなり、救急車で搬送されたところ、不安神経症で入院した 入院19日 190,000円
  • オンライン授業が続き孤立を感じ、食事ができなくなり、不眠が続いていた 10,000円
  • アルバイトのミスがきっかけで、慣れない長距離通学や人付き合いのストレスで、適応障害になった 10,000円
  • 担当教員とのコミュニケーションがうまくいかないことが続き、抑うつ状態になってしまった 10,000円
  • 友達数人と車で旅行したところ、数日後に発熱したため、検査を受けたところ感染が判明した 入院10日 100,000円
  • 知人と会食し、濃厚接触者と判定され、数日後に発症。検査を受けたところ判明した 入院9日 90,000円
  • 家庭内感染が判明し、数日後に高熱が出たため、検査を受けたところ感染が判明した 入院10日 100,000円
  • 自転車搭乗中、後ろからきた車を避けようとして、すべって転倒した 通院7日 14,000円
  • 自転車搭乗中、駐車場に入ろうとした左折車に巻き込まれ衝突、転倒した 通院90日 180,000円
  • 原付で知人宅に行く途中、ゆるやかな坂道で、舗装のくぼみにひっかかり転倒した 通院1日 2,000円
  • 大学に行く途中、飛んできた虫を避けようとして、友達とぶつかり転倒した 通院9日 18,000円
  • サッカー練習中、ボールを蹴った時に、相手と接触して膝と腰を負傷した 通院35日 70,000円
  • バレーボール練習中、ジャンプの着地時に人と接触し、足首をねん挫した 通院4日 8,000円
  • アメフト練習中、足が芝にひっかかり、足首を骨折した 入院12日手術1回通院1日固定具使用 192,000円
  • 野球でショートを守っているとき、ボールを取ろうとして足をひねり、膝のじん帯を損傷した 入院14日手術1回通院21日固定具使用 252,000円
  • 家でご飯を作っているときに、誤って手に熱湯を浴びて、やけどした 通院3日 6,000円
  • アルバイト中に唐揚げの油がはねて、やけどした 通院1日 2,000円
  • 雨上がりで階段を下りていたら、すべって転倒し、股関節を打撲した 通院2日 4,000円
  • 薬学実習中にガラスホールピペットが割れ、右まぶたを負傷した 通院4日 8,000円
  • 造形図学の授業で、木を彫っているときに、誤って手を切った 通院2日 4,000円
  • 自室でリモート授業中、右足の膝を強打し、打撲した 通院8日 16,000円

あわせておすすめする大学生協の保険

共済とあわせておすすめする保険で大学生活の様々なリスク備えることができます

学生賠償責任保険(一人暮らし特約なし)19H
  • 正課中及び日常生活中における賠償事故に備えた保障
  • 国内の賠償事故に対しては安心の示談交渉サービス付 ※名誉き損・プライバシー侵害事故等を除く
学生賠償責任保険(一人暮らし特約あり)*住まいの火災などの保障 19HK
  • 上記19Hの保障 +【一人暮らし特約あり】
  • 貸主(大家)に対する借家人賠償責任保障(示談交渉サービス付)や、自分の家財に対する保障
  • ケガや病気のために3日以上入院し、親族が駆けつける時の費用等も保障(父母駆けつけ費用保障)
就学費用保障保険 扶養者の「もしも」にそなえる *学業継続のための費用
  • 扶養者が病気やケガで死亡したり、ケガで重度後遺障がいを負って学生本人が扶養者に扶養されなくなった場合の学資費用をサポート
  • 「学資費用の保障とは」・・・大学に納付する授業料、実験・実習費など。また大学からの指示に基づく教科書・教材などの購入費用 等

※あわせておすすめする保険についてはこちらで案内しています


タイトルとURLをコピーしました