【学校専用機】簿記電卓

電卓も大事な教材!講義での電卓使用

松山大学では『計算は電卓で行うこと』と案内されている講義が複数あります。その中でも多くの学生が履修する講義が『簿記原理』です。経営学部では一部のコースで必修となっており、経済学部も履修することができます。この講義は簿記の基本的な知識を習得すると同時に、単位修得もできるため、学生に人気の講義です。是非履修しましょう。
この他の電卓を使用する頻度の高い講義は主に経済・経営学部の講義が多いのですが、その他の講義でも計算を伴う場合には電卓を使用することをオススメします。

簿記知識の重要性

簿記とは…『お金やモノの出入りを記録するための方法を学ぶ』こと

経理関係の仕事には興味が無いから関係無い、と思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。会社を経営していても、会社に雇われていても、売上や利益、費用といった企業の様々な数字と向き合う必要があります。そのため、簿記の知識は全てのビジネスパーソンに必要な知識と言われます。経済学部、経営学部だけでなく、他学部の方も積極的に勉強しましょう。
また、松山大学の前身は松山商科大学でした。この伝統ある大学で簿記資格の取得を目指してみませんか?

学校専用 簿記電卓

松山大学で学びを深める皆さんに活用して欲しいのが、『簿記電卓』です。
大学生協で販売する簿記電卓は学校専用機で、一般には流通していません。

学校専用機 簿記電卓の良さ

  • 在学期間中だけでなく、卒業してからもずっと使用できるくらい頑丈
  • 3桁区切り表記位置が実際の記載と同じく下に表示されるので転機ミスが無くなる
  • 図書館などで勉強する時に周囲に迷惑をかけない、勉強に集中できる静かなキータッチ
  • 在学期間中はサービス保証があって安心
  • 学校専用機なので、一般の量販店等では購入できない!

大学での試験や簿記の資格試験は時間との戦いです。簿記学習を第一に考えられた学校専用機とともに知識を深めましょう!

経営学部 講師
岩崎 瑛美

簿記の授業では、必ず電卓が必要になります。CASIO(AZ-26S)の簿記電卓は、早打ち対応、12桁表示、メモリーキーが備わっており、耐久性にも優れていることから、社会人になってからも使用することが可能です。日商簿記検定1級、公認会計士、税理士等の資格を目指す場合には、特に、簿記電卓を使用することを勧めます。難易度の高い資格試験では、計算する金額が大きいため、12桁表示の電卓が不可欠です。さらに、複雑な計算をする場合には、メモリーキーを使うことにより、計算結果を紙にメモしなくとも電卓上で計算を終えることができます。加えて、CASIO(AZ-26S)の簿記電卓には、サイレントキーが備わっているため、図書館でも気兼ねなく電卓を使用することができるでしょう。
 異なる機種の電卓に買い替えた場合には、キーの配置が変わってしまう場合があります。早い段階で自分にあった電卓を購入し、使いこなすことで簿記学習の成果をあげられることを祈っています。

購入者特典!

講義や資格試験ではスピードが大切

・学校専用簿記電卓の特徴
・基本的な指操作
・M+やMRなど各キーの説明
・ワンランク上のキー操作紹介
             など

この電卓を使いこなすために作られたハンドブックです!他では手に入らない資料で効率良く電卓の使い方をマスターしましょう!

学校専用機としての特別価格!
税込5,500
同タイプの電卓と比較しても、とってもお得です!
専門的な学習を深める大学生には必須の電卓ですので、入学前にしっかり準備しておきましょう!

お申し込みは以下の入学準備応援サイトVsignにて受付いたします!

↓その他の入学準備もお忘れ無く!↓

タイトルとURLをコピーしました