【必須教材】 大学モデル電子辞書

大学で辞書が必要なワケ

松山大学での語学学習

英語初習言語の履修が必須

松山大学では、言語科目を2つ履修する必要があります。「英語」と「初習言語」の2つです。初習言語は、5つの言語(中国語、韓国語、ドイツ語、フランス語、スペイン語)の内一つを選んで講義を受けます。これらの言語科目は、単位取得しないと卒業できない「必修科目」です。

語学学習には辞書が必要

初めて学習する初習言語は、辞書なしでは学べません。英語も大学の学習レベルに合わせた「大学生用の辞書」を準備する必要があります。英語と初習言語、どちらの辞書も準備しましょう。

辞書は絶対【電子辞書】が便利

持ち運びに便利な電子辞書は、大学生の必須アイテム

紙の辞書もありますが、授業での持ち運び、単語の検索の容易さや辞書内容の豊富さを考えると電子辞書の方がオススメです。松山大学でも多くの先輩が紙ではなく電子辞書を使用しています。

大学には「自分の教室」や「自分のロッカー」はありません。授業のたびに教室を移動するため、教科書、パソコンなどを1日持ち歩いています。想像しただけでも重そうです…。
「電子辞書」なら紙の辞書を何冊も持ち歩く必要がないため、圧倒的にお勧めです。

電子辞書は【大学モデル】が必要

大学の学習合った電子辞書を選ぼう

大学での学びをより充実したものにするためには、「大学での学びに合った辞書」が必要です。履修する初習言語の辞書はもちろんですが、専門的な英語に対応した英語辞書(英和、和英、英英など)が必要です。高校モデルの電子辞書では専門的な用語が不足する可能性があるので、大学モデルの電子辞書を準備しましょう。

①情報量、収録単語数が違う!

高校モデルと大学モデルで、それぞれ「work」の意味を調べた際の画面です。大学モデルには、高校モデルには表示されていない細かな意味まで表示されています。

これは、搭載されている辞書が大きく異なるためです。そのため大学モデルの収録単語数は、高校モデルの約4倍です。

②収録コンテンツ違う

大学モデルには、今後必要になる「TOEIC試験」の問題集就職活動時に活用できる「SPI問題集」なども搭載されているため、追加で問題集を購入する必要がなく経済的です。
一方で高校モデルにはTOEIC試験対策や就活対策のコンテンツは含まれておらず、「英検」や「大学受験」向けのコンテンツがあり、大学生にとっては不要なものになります。
電子辞書も大学で使えなければ、意味がありません。大学生向けの電子辞書をお勧めします。

経営学部経営学科
21年卒業
大元 星七さん

大学モデルを購入せず、後悔しています・・・
 僕は、高校モデルの電子辞書を持っていたので大学モデルの辞書は購入しませんでした。英語でしか使わないだろうし高校の時に十分使えていたので、お金をかけて買い換えるほどではないだろうと思ったからです。しかし、入学して、第二言語の授業で壁にぶつかりました。第二言語の学習は大学から始まるので『基礎的な内容で簡単だろう』と思っていました。実際は英語と同時に別の言語を学ぶようになるので、辞書が無い状態で授業についていくのは思っていたより大変でした。周りは電子辞書を使っている人が多かったし、紙の辞書は重くて持ち運びたくなかったので講義が始まる前に友達が調べた単語の意味を写す、辞書を借りて単語を調べるなど、手を尽くしましたが授業についていけなくなりました。
 また、上級英語という講義では、講義で出る英単語を調べると友達が購入した生協の電子辞書では日本語訳が出てくるのに僕の高校モデルの辞書では意味が出てこない英単語もあります。外国語だけでなく、経済学や経営学の単語を調べた時に、高校モデルの辞書は単なる説明だけですが、大学モデルは図や表を用いてわかりやすく教えてくれます。大学生から社会人になっても必要となるビジネスマナーのコンテンツも入っており、こんなことなら買っておけば良かった・・・と強く後悔しています。皆さんには僕みたいな経験はしてほしくないので大学生に適した電子辞書を準備して欲しいです。

先生もお勧めしています
経営学部 講師
伊勢本 大 先生

大学モデルの電子辞書がおすすめ
 スマートフォンとは異なり、授業のなかでわからない言葉や単語の意味を堂々と胸を張って調べることができる。それが大学で電子辞書を使用する際の何よりの利点だと思います。大学では英語や初習言語等の外国語に限らず、各学部学科の授業でも専門的な用語を学ぶことになります。これまであまり馴染みのなかった言葉に触れる機会も少なくありません。そんなときに活躍するのが電子辞書です。オフラインでも常に安定して使用可能なため、スマートフォンやタブレットのようにWi-Fi環境にふり回される心配もありません。また、どこの誰が書いたのかもわからないようなネットの情報ではなく、単語・用語の正しい意味に簡単にアクセスすることができます。言葉の意味を調べる機能以外のコンテンツも非常に充実しており、就職活動の際等、授業外のことも含めた4年間の学びをしっかりとサポートしてくれます。
 私も学生時代に購入したカシオの電子辞書をかれこれ10年以上いまだに現役で愛用しています。長い目でみても1台持っておくと、多くのところで力を発揮し、きっとあなたの役に立ってくれるはずです。

生協がお勧めする電子辞書

CASIOの電子辞書(大学モデル)

写真は昨年度販売した機種の写真です

※最新機種を販売予定ですが、型番などの情報は12月中旬以降のリリース予定です。

お勧めの理由

必要な語学辞書を搭載
大学の内容に対応した英語辞書を搭載
初習言語コンテンツ付(追加費用なし)

その他200ものコンテンツを搭載

生協だけの安価な特別価格
約1万円する初習言語コンテンツ付の価格
メーカー保証が4年間延長
修理代学割適用可能

使い方講習会(無料)を開催
電子辞書を使いこなせるようフォローアップ
初習言語コンテンツの使い方もレクチャー

電子辞書本体初習言語ダウンロードカード電子辞書ケースがセット
さらに電子辞書活用講習会、4年間のメーカー保証も含まれています!
44,800円(税込)

活用している先輩の声

経済学部2年生
直井 恭汰さん

電子辞書は大学生の学びに必須のアイテム! 

「英語」「初習言語」の授業に電子辞書は欠かせません。語学力を身に付けるには、楽をせずに「自分で調べ、頭で正確に」単語や構文の使い方を理解していくことが大切です。そのために電子辞書は必要不可欠です。
僕が履修していた「中国語」では、1年生前期で「発音」をしっかり身に着けていないと、後々理解が追い付かなくなるので、電子辞書の音声機能を使って、対策しておいて良かったと感じました。
また、語学学習以外のコンテンツも豊富なので、SPI対策や専門分野の参考書としても日々活用しています。大学生の学びに必須のアイテムです!

タイトルとURLをコピーしました